弁護士による交通事故相談トップ > 事務所の強み

2名の元検事が率いる中村国際刑事法律事務所の3つの強みをご紹介いたします。

1.お金だけの問題ではない。元検事弁護士による悪質重大事故の加害者への適正な処罰要求

 交通事故にも様々な態様があり,単なる脇見運転等の単純過失にとどまらない悪質重大事故があります。酒気帯びや酒酔い運転による死亡事故やひき逃げなどは,もはや「事故」ではなく「犯罪」と言える悪質なもので,被害者・ご遺族の方にとっては許し難い交通犯罪なのです。しかし,そのような悪質重大事故であっても,杜撰な事故捜査により適正な科刑が実現されなかったり,被害者・ご遺族の方の心情が検事や裁判官に十分に伝わらなかったりすることも度々あります。また,そのことが将来の損害賠償訴訟において被害者・ご遺族の方に不利に働くこともあります。
 刑事手続への被害者参加制度は,そのような不正義な事態とならないよう,被害者側代理人として弁護士が就き,被害者側を全面的にサポートする制度です。当事務所の交通事故部門は,長年捜査・公判検事として実際に交通事件の捜査を指揮し,公判立会をした経験を有するベテラン弁護士中村勉,岩崎哲也を中心に,若手弁護士を交えた複数の体制で取り組んでいます。ですから,交通事故の被害者・ご遺族の方を,民事手続はもちろん,刑事手続においても,検事としての経験を踏まえて強力に支援することが可能です。この点が,他の法律事務所と大きく異なる強みです。

2.事故捜査段階から刑事公判,そして民事訴訟まで,一貫して被害者をサポート

 多くの交通事故被害者の方は,事故捜査や刑事裁判の場面では,警察や検事に任せっぱなし,損害賠償請求等の民事手続の場面では民事弁護士や保険会社に任せっぱなしという実態があります。事故が軽傷で済んだ場合などはそれでいいのかもしれません。しかし,飲酒運転・酒酔い運転等による死亡事故やひき逃げ等の悪質重大事故にあっては,もはや他人任せにできません。事故捜査の段階から刑事裁判,そして,民事裁判に至るまで,一体,どのように事故が法的に処理されていくのか,重大な関心をお持ちと思います。当事務所の弁護士中村勉,弁護士岩崎哲也は,いずれも元検事であり,交通事故の捜査・公判手続を熟知しています。また,岩崎弁護士は,弁護士登録後,公益財団法人日 弁連交通事故相談センター東京支部交通事故相談や日弁連リーガル・アクセス・センターにおいて活動するなど,弁護士としても交通事故案件において多くの実績があります。そのため,刑事手続から民事手続にかけて一貫して専門的な支援をすることができます。そこが当事務所の強みです。交通事故被害者やご家族の「こういう気持ちをぶつけて欲しい」ということを効果的に代弁し,そのことを民事訴訟にも反映させることができるのは,検事側の事情を知り尽くした弁護士だからこそだと自負しています。

3.刑事裁判を有利に進めて民事訴訟で賠償額の最大化を図ります

 当事務所は,証拠評価に強い事務所です。交通事件を多く扱った元検事弁護士は,事故の原因,過失の内容,被害の程度等を支える証拠を的確に分析評価できるからです。証拠に基づいて事案を分析し,結論の見通しを立て,常に民事・刑事の訴訟等における立証を念頭に置いた対応により,依頼者の最善の利益を追求します。特に,死亡事故の場合は,被害者自身の声を伝えることができないため,客観的証拠から被害者の声を的確に代弁するという当事務所の証拠評価の強さが必要となります。そして,法科学鑑定研究所株式会社という交通事故の原因調査や分析を専門的に行う民間会社と提携しており,証拠自体の確保等も含めて万全な対応ができます。
 当事務所は,示談交渉にも強い事務所です。元検事として多くの被害者・ご遺族の方々と直接向き合った経験のある弁護士が関わりますので,被害者・ご遺族の方の心情に寄り添った粘り強い示談交渉を進めることができます。
 当事務所の実績の一例として,悪質・重大な交通事故事案につき,加害者に対する刑事訴訟に被害者参加し,被告人質問,弁論としての意見陳述・求刑を実施した案件があります。その事案では,被害者参加のみならず,同一事件において,加害者に対する民事訴訟をも提起し,多額の損害賠償金を獲得した実績などがあります。

弁護士費用について詳しくはこちら

お気軽にお問い合わせください。

初回相談無料

24時間・土日休日対応

0120-971-195

代表弁護士 中村勉

メールでのご相談はこちら

メールでのご相談はこちら

当事務所運営のサイト

刑事事件