弁護士による交通事故相談トップ > 解決事例 > 事故により生活が困窮した被害者に,保険会社に精算支払いを交渉

解決事例5

事故により生活が困窮した被害者に,保険会社に精算支払いを交渉

男性

事故分類:歩行者(被害者)対自動車(加害者)

被害状況

歩道を歩いていたところ,自動車の居眠り運転により重症を負わされ長期入院後,通院したが日常生活においてタクシー等交通費が必須となった被害者から依頼を受けた事案でした。

争点

症状固定までの生活費用

解決にいたるまで

被害者は自営業であり,収入がストップしたので症状固定までの生活費で困窮していました。症状固定前に,保険会社と交渉して一定の内金を支払ってもらうとともに,交通費等の必要経費を整理し1ヶ月遅れであるが保険会社に清算支払いしてもらうことにより,症状固定前の被害者の金員持ち出しを可及的に回避しました。

結果

症状固定後,保険会社と訴訟外で和解しました。

お気軽にお問い合わせください。

初回相談無料

24時間・土日休日対応

0120-971-195

代表弁護士 中村勉

メールでのご相談はこちら

メールでのご相談はこちら

当事務所運営のサイト

刑事事件