弁護士による交通事故相談トップ > 解決事例 > 自動車の物損事故で5:5の和解を成立

解決事例7

自動車の物損事故で5:5の和解を成立

男性

事故分類:自動車(被害者)対自動車(加害者)

被害状況

自動車A対自動車Bの物損事故で,Bの保険会社からAの過失割合が大きいことを前提に示談交渉されたことに納得いかないAから依頼を受けた事案でした。

争点

過失割合

解決にいたるまで

BがAの過失割合が大きいことを前提にすることを譲らないので訴訟となりましたが,訴訟で本人尋問まで進み,ほぼ過失割合を5:5までの心証に押し戻しました。

結果

5:5を前提の和解にこぎつけました。

お気軽にお問い合わせください。

初回相談無料

24時間・土日休日対応

0120-971-195

代表弁護士 中村勉

メールでのご相談はこちら

メールでのご相談はこちら

当事務所運営のサイト

刑事事件