弁護士による交通事故相談トップ > 解決事例 > 休業損害や慰謝料等で80万円増額できた事例(弁護士費用特約をご利用)

解決事例2

休業損害や慰謝料等で80万円増額できた事例(弁護士費用特約をご利用)

女性,30代

事故分類:自動車(被害者)対自動車(加害者)

受傷部位:頚椎捻挫等

被害状況

四輪車を運転中、渋滞で停車したところ、後方から四輪車に追突され、負傷してしまいました。

 

争点

整骨院の治療費,休業損害,慰謝料額の点に争いがありました。

解決にいたるまで

治療費については,整骨院での治療が必要であったことを主張しました。

休業損害については,被害者の方は主婦であったところ,家事従事者としての休業期間が保険会社の主張する期間よりも長いことを主張しました。

慰謝料については,「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準(いわゆる,赤本)」にのっとった主張をしました。

結果

治療費については,症状固定前にかかった整骨院の治療費の支払に応じさせることができました。

休業損害については,休業期間を事実上30日間のばした金額を引き出すことができました。

慰謝料については,「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」にのっとった額で算定させることができました。

結果,自賠責の基準より約80万円増額させることに成功しました。

さらに,被害者の方は弁護士費用特約をご利用でしたので,弁護士費用の負担はありませんでした。

お気軽にお問い合わせください。

初回相談無料

24時間・土日休日対応

0120-971-195

代表弁護士 中村勉

メールでのご相談はこちら

メールでのご相談はこちら

当事務所運営のサイト

刑事事件