弁護士による交通事故相談トップ > 弁護士紹介

皆様のご相談にのる弁護士を紹介いたします。

代表パートナー 弁護士 中村 勉

代表パートナー 弁護士

中村 勉

過去に検事として交通事故事件を扱った弁護士が依頼者を強力サポートします

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました。 東京地検刑事部及び公判部で新任検事として検察実務の基本を身に着け, 浦和地検(現さいたま地検)熊谷支部,大阪地検刑事部及び公判部,名古屋地検刑事部での各勤務を経て,東京地検特捜部財政経済班の検事として脱税事件等に従事しました。この間,名古屋地検時代に人事院在外研究制度により,英国に派遣され,英国刑事司法制度の研究にあたりました。
 検事を退官し,弁護士登録後は,あさひ法律事務所国際部門(現西村あさひ法律事務所)に参画し,キャッツ株価操縦事件に絡み粉飾決算事件の刑事弁護,ニコラス・ベイカー事件(麻薬密輸事件)の刑事弁護を担当したほか,海外の現地法人で発生した刑事事件(ジャマイカ,フィリピン)について,現地法執行機関や弁護士と協議し刑事告訴,保釈その他の権利保護活動に従事し,そのほか,脱税事件,談合事件等で弁護を担当しました。 また,コンプライアンス関連法務として,大手信販会社による総会屋利益供与事件で,社内調査委員会の委員に就任して調査活動,再発防止に関する提言等に当たったほか,米国会社からの依頼で,海外汚職防止法に関する法的助言を行い,そのほか,セクシャルハラスメントやパワーハラスメントに関する法的助言,株主総会関連法務として,株主総会の準備,定款変更,規則変更等に対する法的助言を行いました。 知的財産権関連法務としては,商標権侵害,著作権侵害等の法律相談及び対応,その他芸能人の名誉毀損等の案件に従事しました。
 あさひ・狛法律事務所を退所し,中村勉法律事務所を設立後,函館にて弁護士活動に従事し,代表的な刑事事件として,調剤薬局勤務の女性従業員がまったく身に覚えがない売上金を横領したとして逮捕・起訴された冤罪事件において無罪を獲得しました(函館地方裁判所平20.9.19判決、確定)。 また,DV被害者であった女性が内縁の夫を殺害し死体を遺棄した殺人,死体遺棄事件で、懲役5年の温情判決獲得し(札幌高裁平19.11.13判決),上記DV被害者の長男が上記犯行に加担した事例で、逆送後の家庭裁判所への移送(55条移送)判決を獲得しました(札幌高裁平19.11.13判決)。 そのほか,国際的な活動として,国際協力機構(JICA)のカンボジアに対する法整備支援活動に関し,短期専門官としてプノンペンにおいて法典整備作業に従事しました。
 2009年9月に中村国際刑事法律事務所を設立して代表弁護士に就任し,ユダヤ人神学生が巻き込まれた麻薬密輸事件で無罪を獲得するなど(千葉地判平成23年8月29日),国際刑事事件の分野で活躍し,そのほか,元会社役員による特別背任事件の主任弁護人(検察庁可視化第一号事件)を務めました。
 現在は,ホワイトカラー犯罪の弁護,企業不祥事対応(第三者委員会における調査,社内調査,内部告発対応,広報対応,危機管理対応等を含む),監督官庁による調査への対応,証券取引等監視委員会,公正取引委員会による調査への対応,裁判員裁判,一般刑事事件,少年事件,犯罪被害者対応等の分野を扱っています。

パートナー 弁護士 岩崎 哲也

パートナー 弁護士

岩崎 哲也

交通事故案件の弁護実績多数の元検事弁護士があなたの相談に乗ります

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長野地検,東京地検公判部,仙台地検刑事部,横浜地検刑事部にて捜査公判実務に従事し,仙台地検時代には,東京地検特捜部に応援検事として派遣され,重大経済事件の捜査にも従事しました。 検事を退官し,弁護士登録後は,中嶋法律事務所,さらに,郷原総合法律事務所(現・郷原総合コンプライアンス法律事務所)において,一般民事,交通事故,家族関係(離婚等),相続,債務整理等事案の経験を積んだほか,刑事弁護,殊に重大刑事事件の弁護を担当し,また,企業・官公庁における大規模不祥事に関して設置された第三者委員会の調査担当として不祥事の原因解明等に携わるなど,コンプライアンス関連法務の経験も積みました。現在においても,上記のような民事・交通・刑事・調査等の事案はもとより,刑事告訴・告発,犯罪被害者支援等の刑事関連事案をも広く手掛けています。

刑事事件実績
自動車メーカーにかかる業務上過失致死被告事件,IT企業にかかる証券取引法違反被告事件,企業恐喝・脅迫被告事件,麻薬特例法違反被告事件,自動車運転過失致死被告事件,大型詐欺被告事件,所得税法・関税法違反被告事件,贈賄被告事件,殺人未遂被疑事件,金融商品取引法違反被疑事件,その他文書偽造・傷害・窃盗等一般刑事事件,薬物・食品衛生法違反等特別刑法事件多数

不祥事調査実績
田辺三菱製薬株式会社メドウエイ問題社外調査委員会調査担当
メルシャン株式会社に関するキリンホールディングス第三者委員会調査担当
九州電力株式会社第三者委員会調査担当

行政機関・社団法人の委員歴
厚生労働省服務違反調査委員会調査員
農林水産省無許可専従問題に関する第三者委員会委員
社団法人(現・公益社団法人)日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)法務委員,クラブライセンス交付第1審機関(FIB)

犯罪被害者支援等実績
悪質な重傷交通事故事案につき,加害者についての刑事訴訟に被害者参加し,被告人質問,弁論としての意見陳述・求刑を実施するとともに,加害者に対し民事訴訟を提起し,訴訟上の和解により多額の損害賠償金を獲得したほか,傷害,詐欺,恐喝等の被害者に関し,民事訴訟・示談により,損害賠償金等を獲得。東京弁護士会犯罪被害者サポート電話相談担当者

その他法律相談活動等
公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部交通事故相談担当者
日弁連リーガル・アクセス・センター登録弁護士
骨髄等提供同意立会担当弁護士

外国法パートナー 外国法事務弁護士 小島 千早

外国法パートナー
外国法事務弁護士

小島 千早

 外国法事務弁護士である小島千早は,ニューヨーク大学ロースクール卒業後、米国最大手の法律事務所の一つである,Morrison & Foersterのニューヨークオフィスにて勤務し,主に日本企業の子会社または駐在員事務所に対して,会社設立,雇用関係などをはじめとし,企業が米国において新規に事業を展開したり既存の事業を継続・拡大したりする場合の法律問題についてアドバイスをしました。また,事務所の訴訟部門の弁護士とともに,日系企業が当事者となった訴訟の準備,特にディスカバリーの段階で会社の書類の精査を行ったこともあります。

 現在は外国法事務弁護士として,今後米国に事業を展開しようと計画している企業および個人の顧客に対して,賃貸借契約その他の商業契約の作成・レビュー,業務の種類に応じて必要な許認可の取得,会社内の規則制定,現地の人員の雇用に際して生じうる問題など,米国法にかかわるアドバイスを行っています。さらに,文化や生活習慣が異なる環境に進出するために必要な日常的な相談にも丁寧に相談に応じています。
 また,交通事故事案においても,外国判例の動向について最新の情報を提供するようにしています。

アソシエイト弁護士 赤木 竜太郎

アソシエイト 弁護士

赤木 竜太郎

弁護士赤木竜太郎は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,一橋大学法科大学院を経て司法試験に合格し,2014年12月に司法修習を修了しました。 学部時代は王雲海教授のゼミで比較刑事司法学を学び,法科大学院時代のゼミをきっかけに,一流の刑事弁護人を目指すようになりました。

入所後は,裁判員裁判対象事件,特捜事件等の重大な事件や,傷害,窃盗等の日常的な事件まで幅広く弁護活動を行ってまいりました。 フットワークの軽さを活かし,捜査機関による不当な身体拘束と戦う他,法廷における尋問技術,プレゼンテーション技術の向上に特に関心をもち,日々研鑽を重ねております。 刑事事件だけでなく,離婚事件や交通事故等の民事事件についても経験を積んでおります。

アソシエイト弁護士 柏本 英生

アソシエイト 弁護士

柏本 英生

 弁護士柏本英生は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,69期司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。

 中学生の時に,刑事裁判の構造について知り,刑事裁判においては弱者である被疑者・被告人の味方になりたいと思って刑事弁護人を志すようになりました。大学では刑事政策を扱う本庄武先生のゼミに所属し,刑事施設での処遇の在り方や罪を犯した人の社会復帰について議論を重ねました。

 今後は,裁判員裁判や企業犯罪,外国人事件など,専門性が要求される分野についても研鑽を深めてまいります。

アソシエイト弁護士 佐々木 さくら

アソシエイト 弁護士

佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法試験に合格し,69期司法修習を修了後に弊所に入所しました。

 大学では,刑法ゼミを通じて刑事法の理解を深め,法科大学院では,独占禁止法を中心に経済法を学んでまいりました。司法修習においては,えん罪として有名な布川事件の被害者の方とお話をする機会に恵まれ,刑事弁護人として,過酷な環境におかれてしまった被疑者・被告人の人権を守っていくことを決意しました。

 今後は,専門性の要求されるホワイトカラー犯罪についても的確な法的アドバイスをできるよう,知見を広めてまいりたいと思います。

 依頼者はもちろんのこと,依頼者のご家族のご期待に誠意をもって応えてまいります。

アソシエイト弁護士 藤田 昭平

アソシエイト 弁護士

藤田 昭平

 弁護士藤田昭平は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,一橋大学法科大学院を経て司法試験に合格し,第69期司法修習を終了した後,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。

 大学では葛野尋之教授の刑事訴訟法ゼミにて刑事訴訟法の理解を深め,法科大学院では経済法や消費者法等他の分野についても学び,ゼミでは実際に弁護士と議論して上告趣意書を起案しました。

 今後,一般的な刑事事件のみならず,業務上横領事件,独占禁止法違反事件等,ホワイトカラー犯罪の分野についても,積極的に取り組んでいく所存です。

アソシエイト弁護士 岩澤 祐未

アソシエイト 弁護士

岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。

 大学では法律相談活動を行うサークルに所属し,週2日の無料での法律相談を行う等し,人に寄り添う相談技術の修得に努めました。

 大学院では川出敏裕教授の刑事政策ゼミにて刑事訴訟法及び刑事を取り巻く諸制度についての理解を深めるとともに,前職では国際協力業務等にて国内外との折衝や諸制度の調査等に取り組みました。

 今後は,大学時代に培った相談技術等を活かして,思いがけない困難に直面される方々等に寄り添い,真の基本的人権の擁護と社会正義の実現の達成に向けて,日々精進してまいりたいと思います。

 また,刑事事件はもちろん,親族・相続事件,離婚事件,労働事件,消費者事件の分野等においても,積極的に研鑽を積んでまいります。

アソシエイト弁護士 輿石 祐司

アソシエイト 弁護士

輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。

 大学では,メディア法の第一人者である大石泰彦教授のゼミに所属し,マス・メディアと法の在り方等について理解を深めました。法科大学院では,佐藤隆之教授の応用刑事訴訟法ゼミに所属し,刑事実体法の理解を深めるとともに,知的財産法等他の分野についても学びました。

 通常の刑事事件を始め,知的財産を巡る刑事事件,中小企業を対象とした企業法務,一般の民事事件等においても,幅広くかつ精力的に取り組んでまいりたいと思います。

アソシエイト弁護士 坂本 一誠

アソシエイト 弁護士

坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。

 10代の頃に,突如として逮捕された一般市民が,違法・不当な身体拘束の下で自白を迫られ,冤罪事件が生まれてしまうことを知り,被疑者・被告人を守ることのできる刑事弁護人を志すようになりました。

 大学時代には,犯罪学研究会に所属し,石川正興教授や小西暁和教授の下で,受刑者や非行少年の矯正・更生保護に関する研究に専心し,矯正保護展の開催にも携わりました。

 今後は,裁判員裁判における法廷弁護技術等の研鑽を積み,依頼人の方のために常に全身全霊で弁護活動に取り組んでまいりたいと思います。

お気軽にお問い合わせください。

初回相談無料

24時間・土日休日対応

0120-971-195

代表弁護士 中村勉

メールでのご相談はこちら

メールでのご相談はこちら

当事務所運営のサイト

刑事事件