弁護士による交通事故相談トップ > 交通事故相談室 > スピード違反車と信号無視車が衝突!どちらの責任が問われるか?

2016.09.28

スピード違反車と信号無視車が衝突!どちらの責任が問われるか?

事故の概要

加害者が制限速度を約30キロメートル超える速度で青信号に従って交差点を直進する際,対向右折被害者車両と衝突した事案。

学生のコメント

学生A

これは加害者が悪いんじゃないでしょうか。赤から青に変わるという見込みだけで交差点に進入したわけですし,実際は停止線を通過する前に信号が青に変わっていたとしても,加害者が危険な運転をしていたことに変わりはないんですから。

学生B

被害者車両は結局信号無視して交差点に進入したんですよね。信号をどっちが守ってたかと言えば,加害者なんですから,加害者に責任があるというのはおかしいんじゃない?

回答および解説

直進車が通行優先権(道交法37条)を主張するには,右折車が予想できる程度の速度で走らなければならないね。ただ本件では,加害者は約100キロで走行しているね。これはチーターと同じ速さだ。被害者はまさかチーターと同じ速さで車が直進してくるなんて思わないから,加害者は被害者に対して優先通行権を主張できない。よって速度を落とさなかった加害者に責任があるんだ。

(参考判例: 東京高裁 平成13年10月24日)

お気軽にお問い合わせください。

初回相談無料

24時間・土日休日対応

0120-971-195

代表弁護士 中村勉

メールでのご相談はこちら

メールでのご相談はこちら

当事務所運営のサイト

刑事事件